ページの先頭です

ファンド情報・基準価額一覧

ご指定の条件に該当するファンドはありませんでした。検索条件を変更のうえ、再度検索をお願いいたします。

  • 新商品新規取扱ファンド
  • ネットみずほインターネット専用投信
  • ノーロード購入時手数料がかからないファンド
  • つみたて投資枠対象ファンド
  • 成長投資枠対象ファンド
  • 商品性が相対的に複雑なファンド
投資
対象
ファンド名 運用会社 基準価額/
前日比(円)/
(基準日)
純資産
総額
(億円)
騰落率
1年(%)
リスク
ランク
みずほ
ダイレクト
(注)
お気に
入り
投資
対象
ファンド名 チャート 基準価額/
前日比(円)/
(基準日)
騰落率(%) みずほ
ダイレクト
(注)
お気に
入り
1ヵ月 6ヵ月 1年 3年 5年 設定来
投資
対象
ファンド名 基準価額/
前日比(円)/
(基準日)
購入時
手数料
(税込)
運用管理費用
(信託報酬)
(税込)
信託
財産
留保額
分配金(円) 決算
回数
みずほ
ダイレクト
(注)
お気に
入り
直近
決算時
年間
累計
ファンド名 交付目
論見書
請求目
論見書
目論見書
補完書面
販売用
資料
月次運用
レポート
みずほ
ダイレクト
(注)
お気に
入り

*『基準価額一覧』・『お気に入りファンド一覧・比較』・『基準価額・チャート』は、ウエルスアドバイザー株式会社の情報提供によるものです。

*追加型投資信託の価額情報(基準価額および純資産総額)は、営業日の21時30分頃に更新します。
*騰落率はあくまでも過去の一定期間の実績であり、将来の成果を保証・示唆するものではありません。また、実際の投資家利回りとは異なります。

*追加型投資信託の価額情報(基準価額および純資産総額)は、営業日の21時30分頃に更新します。

注:みずほ銀行のNISA(成長投資枠)対象ファンドは、投資信託協会へ届出されたファンドとは異なる場合があります。なお、今後予告なく変更となる可能性があります。
注:表中の「みずほダイレクト」欄の「購入」ボタンをクリックすると、みずほダイレクト[インターネットバンキング]にログインして、
選択したファンドを購入できます。
なお、「換金のみ」はインターネットでは換金のみ可、「取扱不可」はインターネットでは購入・換金とも不可を表しています。

分配金は運用状況等によって変動し支払われない場合があります。また、分配金の一部またはすべてが元本の一部払戻に相当する場合があります。詳しくは、各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および目論見書補完書面等でご覧ください。

    ファンド検索

    このウインドウを閉じる

    ファンド名・キーワード
    運用会社
    投資対象
    投資エリア
    騰落率
      0% 10% 20% 30% 40%
    1年
    3年
    5年
    設定来

    絞り込みたい騰落率と期間を選択してください。
    複数の期間を選択すると、すべての条件にあてはまるものに絞りこまれます。

    直近分配金
    年間分配金

    決算回数
    純資産総額
    購入時手数料
    運用管理費用(信託報酬)
    新規取扱ファンド
    表示ファンド

    NISA
    リスクランク
    投資テーマ

    表示件数

    みずほ銀行ウェブサイト通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」のサポート終了について

    情報提供:ウエルスアドバイザー株式会社

    本画面および本画面に含まれる情報(「本情報」)に関する著作権を含む一切の権利は、ウエルスアドバイザー株式会社またはその提供元(「情報源」)に帰属します。本情報は、情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。本情報の内容については万全を期しておりますが、その正確性および信頼性等を確認することは債務に含まれておらず、ウエルスアドバイザー株式会社および情報源は、原因の如何を問わず、本情報の過誤等について一切責任を負いません。本情報の内容は予告なく変更される場合があります。本情報の提供については、遅延・中断等の可能性があり、中断の際は、技術的な理由により、本画面が表示されないことがあります。本情報の蓄積・編集・加工等および本情報を方法の如何を問わず第三者へ提供することは、禁止します。

    投資信託ご購入にあたってのご注意事項

    • 投資信託は預金等や保険契約ではありません。
    • 投資信託は預金保険機構および保険契約者保護機構による保護の対象ではありません。
    • みずほ銀行が取り扱う投資信託は、投資者保護基金による保護の対象ではありません。
    • 投資信託の運用による利益および損失は投資信託をご購入のお客さまに帰属します。
    • 投資信託は、その信託財産に組み入れられた株式・債券・リートなどの価格が、金利変動・為替変動、その発行者等に係る信用状況の変化などで変動し、基準価額(外国籍投資信託の場合は1口あたり純資産価格)が下落することにより損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。外国籍投資信託は上記に加えて、外貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、為替変動により円換算ベースで損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
    • みずほ銀行は投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用は投資信託委託会社(外国籍投資信託の場合には管理会社)が行います。
    • 投資信託の購入から換金・償還までの間に直接または間接的にご負担いただく費用には次のものがあります。
      • *購入時手数料:最大3.575%(税抜3.25%)
      • *運用管理費用(信託報酬):最大年率2.31%(税抜2.1%)
      • *信託財産留保額:最大0.50%
      • *監査費用・売買委託手数料等その他費用:実際の費用の種類・額および計算方法はファンドにより異なります。お客さまにご負担いただく費用等の合計額は、購入金額や保有期間等に応じて異なりますので表示することができません。
    • 一部の投資信託には、信託期間中に中途換金できないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものもあります。
    • 投資信託をご購入の際は、みずほ銀行がお渡しする最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」等の内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。各書面はみずほ銀行の支店および出張所等の店舗(一部を除きます)にご用意しております。なお、みずほインターネット専用投信については、店舗等でのご相談や商品に関するご説明等は行っておりません。

    【NISAに関するご注意事項】

    • NISAでは、すべての金融機関を通じて、口座開設する年の1月1日時点で18歳以上の個人のお客さまが基本的にお一人さま1口座に限り口座を開設いただけます(金融機関等を変更した場合を除く)。一定の手続きのもとで、金融機関の変更が可能ですが、金融機関の変更を行い、複数の金融機関で口座を開設した場合でも、各年において1つの口座でしか上場株式等を購入することができません。また、口座内の上場株式等を変更後の金融機関に移管することもできません。なお、金融機関を変更しようとする年分の投資枠を利用した場合、その年分について金融機関を変更することはできません。
    • NISAでは、年間投資枠(つみたて投資枠120万円/成長投資枠240万円)と非課税保有限度額(1,800万円/うち成長投資枠は1,200万円まで)が設定され、NISA口座内の上場株式等を売却した場合、その売却した上場株式等が費消した非課税保有限度額の分だけ減少し、その翌年以降の年間投資枠の範囲内で再利用することができます。
    • NISA口座の開設が承認されなかった場合、当該NISA口座で買い付けた上場株式等は当初から課税口座で買い付けたものとして取り扱われ、買い付けた上場株式等から生じる配当所得および譲渡所得等については、遡及して課税されます。
    • NISAでは、税務上損失はないものとされ、特定口座や一般口座との損益通算はできません。また、譲渡損失の繰越控除もできません。
    • 投資信託の分配金のうち、元本払戻金(特別分配金)はそもそも非課税であり、NISAによるメリットを享受できません。
    • NISAで公募株式投資信託をご購入の際、海外休業日による振替日の変更や分配金の発生により、年間投資枠を超過して購入される場合があります。その際、超過した部分は課税口座で購入されます。
    • 特定口座または一般口座で保有する上場株式等や、2023年以前のNISAやジュニアNISAを利用して保有する上場株式等を、2024年以降に開設されたNISA口座へ移管することはできません。
    • つみたて投資枠では、積立契約(累積投資契約)の締結に基づき定期かつ継続的な方法により、投資信託の購入が行われます。なお、年間投資枠120万円を超える積立契約をすることはできません。
    • つみたて投資枠に係る積立契約(累積投資契約)により購入された投資信託の信託報酬等の概算値が原則として年1回通知されます。
    • 基準経過日(NISA口座に初めてつみたて投資枠を設けた日から10年を経過した日および同日の翌日以後5年を経過した日ごとの日をいう)における口座開設者の氏名・住所の確認が必要となります。また、期間内(基準経過日から1年を経過する日までの間)に確認ができない場合には、NISA口座への上場株式等の受け入れができなくなります。
    • 口座開設者が出国により非居住者となる場合には、出国する前に「出国届出書」の提出が必要となります。このときNISA口座は廃止され、NISA口座内の上場株式等は課税口座へ移管されます。
    • みずほ銀行では、NISA口座の開設にあたって「投資信託総合口座」が必要となります。
    • みずほ銀行では、NISAを利用して購入できる金融商品のうち、公募株式投資信託のみを取り扱っており、つみたて投資枠と成長投資枠の対象商品はみずほ銀行が選定する、一定の条件を満たす公募株式投資信託に限ります。
    • みずほ銀行では、NISA口座と課税口座の両方で同一銘柄を保有する場合、個別元本が合算されます。
    • NISAに関する注意事項等については、掲載日現在のものです。

    2024年5月22日現在

    ページの先頭へ