みずほ銀行

カンタン本格投資 SMART FOLIO

みずほの資産運用ロボがインターネット上でお客さまの資産運用をサポート 操作方法はカンタン、提案内容はホンカク、インターネットで24時間アクセス可能!お客さまに適した投資信託のポートフォリオをご提案します。

リスク許容度やご希望される保障内容に基づいた保険商品の選定も可能です。

※保険商品に関しましては、申し込み・ご相談等は店頭・窓口にてご照会ください。
みずほ銀行の保険募集指針についてはこちら

一時的にアクセスが集中し、本サービスが利用しにくい場合がございます。
本サービスにアクセスできない場合には、みずほダイレクトをご利用いただきますようお願いいたします。

Movie サービス解説動画

約3分間でスマートフォリオサービスについて解説します。

  • 【体験版】

  • 【SMART FOLIO】

Function SMART FOLIOの機能

簡単なページ概要やご利用できる機能を一覧にまとめております。

SMART FOLIOをご利用いただくには「普通預金口座」 と 「投資信託口座」の2つの口座開設と、
「みずほダイレクト契約」をお申し込みいただく必要がございます。
SMART FOLIOをご利用いただくには

ページ概要

  • 年齢や年収、金融知識などに関する7つの質問をもとに、投資信託等の資産運用にともない発生する損失をどの程度受け入れられるかを診断します。

  • 投資の目標を設定することができます。また、教育資金や住宅費など、お客さまのオリジナルのライフプランを反映することもできます。

  • お客さまのリスク許容度やライフプランに応じた投資信託の資産配分をご提案します。

  • 資産構成比の調整や、お持ちの投資信託を見直す際のリバランス案の作成を行います。

  • 提案された資産配分応じて、投資信託のご購入ができます。なお、ご購入するファンドはご自身でご変更いただくこともできます。

  • 複数の投資信託の購入・解約を一括でお取引ができます。

  • 現時点でどのくらいの運用成果が必要なのか等、進捗状況の確認ができます。

  • SMART FOLIOを始める
  • 体験版を試してみる

どちらもご利用は無料です

Point SMART FOLIOの特徴

  • お客さまに応じた投信ポートフォリオをご提案
  • 無料・簡単診断
  • 中立的な立場からの運用アドバイス
  • プロが実践する運用手法をナビゲート
  • 保有する投資信託の運用状況のポイントを一覧で表示

Performance SMART FOLIOの実績

  • 【実績】

    「SMART FOLIO」から提案される投資信託の資産配分に基づいて投資をした場合の実績をご紹介いたします。(2017年5月18日現在)

    SMART FOLIOの運用実績紹介
  • 【ジャーナル】

    毎月発行しているお客さま向けの情報誌です。SMART FOLIOについての情報が記載されており役立つ情報がございます。

    SMART FOLIO ジャーナル

Let’s Try SMART FOLIOを体験してみる

体験版ではSMART FOLIOを無料で体験することが可能です。

はじめてSMART FOLIOをご利用になるお客さまはぜひ無料で体験していただき
SMART FOLIOの世界をお楽しみください。

体験版を試してみる

※体験版では投資ゴールの設定や複数投信の一括購入と解約、
ご自身の運用状況のご確認等をご利用いただくことはできません。
より便利な機能をご希望のお客さまはSMART FOLIOをご利用ください。

FAQ よくあるご質問

  • SMART FOLIOについて

    資産運用の目的が2つある場合は、どのようにすればよいですか

    選択できる資産運用の目的は1回の診断につき、1つとなっております。2つある場合は、それぞれ個別にご試算いただき、目的に応じた試算結果をご参考にしてください。

    無職・専業主婦等で年収がありません。世帯年収を入力すればよいですか

    本サービスは、お客さまの現在の状況に基づいた診断を行うため、年収がない場合は、0万円でご入力ください。なお、年収はなくても、金融資産が豊富である場合などは、お客さまのお考えに合わせて、次画面でリスク許容度をご変更いただけます。

    どの程度の理解であれば、“あてはまる”に該当するのでしょうか

    日常生活を送る中で、新聞やテレビ等で指数を把握していたり、ある程度ご自身の言葉で説明ができるといった感覚で大丈夫です。

    <※ご参考>

    • 金融商品のリスクとリターンの関係について理解している
      金融商品のリスクとは、運用した際の不確実性のことです。
      一般的に、リスクが高ければリターンも大きく、リスクを抑えればリターンも小さくなります。
    • 中央銀行の政策が家計・企業に与える影響を理解している
      日本の中央銀行である日本銀行は、金融市場のお金の量を調節し、短期金利をコントロールすることで、物価を安定させています。短期金利の変動は銀行の金利に影響し、最終的に家計や企業の経済に影響を与えていきます。
    • 諸外国の代表的な金融・経済指標などにもとづいて、世界経済の動向を理解している
      世界経済を考えるにあたって、グローバル化の進展によって各国の経済はお互いに影響しあうため、主要国の経済の動向を把握することが大切です。
      各国の株価や失業率などの金融・経済指標をチェックすることで、経済の大きな動きを把握することができます。
    • 金融商品(預貯金、投資信託、保険等)の基本的な内容および性質について理解している
      預貯金は元本保証という長所がある一方、低金利という短所を持ちます。
      投資信託は、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品です。投資信託の運用成績は市場 環境などによって変動し、元本が保証されているものではありません。投資信託の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家が負うこととなります。
      保険は事故や病気など万一の際に保険金が支払われる保障が付いているかわりに、投資性の金融商品としては他の商品とくらべ、リターンが低くなる性質があり ます。また、満期まで保険料を支払い続けることが条件になっているケースが多く、中途解約は既払込保険料相当額を下回るケースもあります。
  • 体験版について

    資産運用の目的が2つある場合は、どのようにすればよいですか

    選択できる資産運用の目的は1回の診断につき、1つとなっております。2つある場合は、それぞれ個別にご試算いただき、目的に応じた試算結果をご参考にしてください。

    無職・専業主婦等で年収がありません。世帯年収を入力すればよいですか

    本サービスは、お客さまの現在の状況に基づいた診断を行うため、年収がない場合は、0万円でご入力ください。なお、年収はなくても、金融資産が豊富である場合などは、お客さまのお考えに合わせて、次画面でリスク許容度をご変更いただけます。

    どの程度の理解であれば、“あてはまる”に該当するのでしょうか

    日常生活を送る中で、新聞やテレビ等で指数を把握していたり、ある程度ご自身の言葉で説明ができるといった感覚で大丈夫です。

    <※ご参考>

    • 金融商品のリスクとリターンの関係について理解している
      金融商品のリスクとは、運用した際の不確実性のことです。
      一般的に、リスクが高ければリターンも大きく、リスクを抑えればリターンも小さくなります。
    • 中央銀行の政策が家計・企業に与える影響を理解している
      日本の中央銀行である日本銀行は、金融市場のお金の量を調節し、短期金利をコントロールすることで、物価を安定させています。短期金利の変動は銀行の金利に影響し、最終的に家計や企業の経済に影響を与えていきます。
    • 諸外国の代表的な金融・経済指標などにもとづいて、世界経済の動向を理解している
      世界経済を考えるにあたって、グローバル化の進展によって各国の経済はお互いに影響しあうため、主要国の経済の動向を把握することが大切です。
      各国の株価や失業率などの金融・経済指標をチェックすることで、経済の大きな動きを把握することができます。
    • 金融商品(預貯金、投資信託、保険等)の基本的な内容および性質について理解している
      預貯金は元本保証という長所がある一方、低金利という短所を持ちます。
      投資信託は、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品です。投資信託の運用成績は市場 環境などによって変動し、元本が保証されているものではありません。投資信託の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家が負うこととなります。
      保険は事故や病気など万一の際に保険金が支払われる保障が付いているかわりに、投資性の金融商品としては他の商品とくらべ、リターンが低くなる性質があり ます。また、満期まで保険料を支払い続けることが条件になっているケースが多く、中途解約は既払込保険料相当額を下回るケースもあります。

close

SMART FOLIOをご利用いただくには

「普通預金口座」と「みずほダイレクトのご契約」が必要となります。

実際に投資信託をご購入いただく際には、「投資信託口座」のご開設も必要です。

「普通預金口座」と「みずほダイレクトのご契約」がお済みのお客さまはこちらからすぐにご利用いただけます。

CLICK START

開設していない口座がある、みずほダイレクトのご契約がお済みでないお客さまは
こちらからお手続きをお願いいたします。

  • 【普通預金口座】 口座を開設する
  • 【みずほダイレクト】

    ※総合口座のご開設が必要となります

    契約を申し込む
  • 【投資信託口座】

    ※総合口座のご開設・みずほダイレクトのご契約が必要となります

    口座を開設する